最近益々話題の『腸内フローラ』。
この頃は、腸内フローラ活性化体操がブームのようです

腸内フローラ活性化体操なら、うちにもとっておきがあります
その名も、『腸運動』。
イルチブレインヨガの基本トレーニングのひとつで、ぜん動運動を促進するだけでなく、
気血循環が良くなるほか、様々な効果があるので、教室では準備体操として必ず行います

 

<腸運動やり方>
足を肩幅に開いて平行、もしくは気持ち内股に立ち、軽くひざを曲げます。
背筋を真っ直ぐにして、お腹に手をあてて、手の親指と人差し指で三角を作り、
親指の先がおへその上にくるようにします。
この体勢で“腸運動”がスタートです。
やることは簡単です。要はお腹を最大限に大きくして、
最小限に引っ込める。お腹を膨らませて、ぺしゃんこにするのです。
この時、おへそではなく、下腹(おへそより下)が中心に動くようにします。
最初は慣れないので呼吸は無視して、とにかく下腹を動かす事に集中してください。

イルチブレインヨガ腸運動イラスト

映像はこちら。
その前に、よりお腹がほぐれやすくなる『丹田たたき』と合わせると、更に効果的です

内臓には体全体に流れている血液の3分の2が集まっています。
内臓のバランスが崩れると、腸が硬くなり、腸のぜん動運動が難しくなります。
宿便とガスから発生した毒素が体を流れる血液を汚します。
汚れた血液は、臓器に負担をかけ、慢性疲労、消化不良、便秘、
胃潰瘍、下痢、糖尿、不眠症、生理不順、吹き出物、頭痛など、
さまざまな疾病を引き起こします。
お腹の筋肉を動かすことで、熱が発生し脂肪が分解されるだけでなく、
内臓全体が刺激されて、健康になります。
もちろん、腸内フローラも活性化され、元気に!
(腸内フローラに利く理由の詳しくは『<腸運動で腸内フローラのバランスが良くなる理由>』をどうそ☆

 

トレーニングの効果

  • 腹部のぜい肉が落ち、腸内フローラが活性化、内臓機能が強化される
  • 腹筋の力がつき、丹田の腹圧力が育つ
  • 睡眠が深くなり、慢性疲労が軽減される
  • 脳波が安定し、エネルギーの感覚が強くなる

 

体験者の声
2週間に1回あるかどうかの頑固な便秘でした。腸運動を毎日1カ月半続けたら、
毎日お通じがあるようになりました(30代女性)

ひどい冷え症で、いつも胃まで冷たかったのですが、
1~2か月で胃が温かくなりました(20代女性)

毎日300回、3週間続けたら、体重が3キロ減りました(40代男性)

前屈ができなかったのに、できるようになりました(50代男性)

※個人的な感想であり、効果を保障するものではありません。

参照:『イルチブレインヨガ体験者の声』

もちろん、教室でも随時体験大歓迎!
腸を外からケアする腸セラピーや、腸運動と合わせてするとより効果的な『丹田たたき』のセット案内を準備してお待ちしています
スタジオ体験予約はこちら、もしくはLINEからどうぞ
(電話受付も可能です☆)

 

只今スタジオでは、出張体験会・オーラ撮影会をさせていただける場所を募集中!!
お店やサロン・教室でのイベントに、ヨガ体験会やオーラで健康診断、何ていかがですか?
興味をお持ちの方、コラボさせていただける方、是非お声かけください☆
↓ランキング参加中!クリックして応援お願いします

にほんブログ村

にほんブログ村