皆さん、『丹田』はご存知でしょうか?

『丹田(たんでん)』とは私たちの体の中にあるエネルギーのツボのことで、おへその下5cm、奥5cm位の体の中心とにあり、全身を動かすためのバッテリーのような働きを持っています。丹田にエネルギーを蓄え、健康度をアップさせる効果のあるイルチブレインヨガの「丹田強化の体操」を紹介

「丹田」は武道の世界ではよく使われる言葉ですが、ふだんの生活ではめったに聞くことがありません。
しかし、私たちがもっとも優れた運動能力を発揮できるのは、体の重心が丹田に置かれているときだといいます。
剣道などの武道家のほか、一流のダンサーやモデルも、丹田を意識してさまざまな動きやポーズをとります。

丹田に意識が集まると、下腹がポカポカと温かくなっていきます。
頭にたまっていた気エネルギーがお腹のほうに降りてくるためです。
そうなると、下半身までしっかりと血液が循環するようになり、冷えは解消されます。
その一方で、頭はスッキリと涼しくなります
この状態は、東洋医学でもたいへん健康的な状態とされます。

イルチブレインヨガの「丹田強化の体操」は、丹田をエネルギーで満たすための運動です。
このポーズを行うと、丹田を意識する力が強くなるほか、首と頭の部分の血液の循環がよくなるなどの効果も期待できます。

 
<イルチブレインヨガの丹田強化の体操>
あお向けに寝た状態で、両腕と両足を上げます。手のひらを上に向け、しっかり広げます。両足のひざを直角に曲げます。
股関節、ひざ、足首がそれぞれ直角になるようにします。
つま先はキュッと体のほうに引きます。ひざとひざの間は、握りこぶしひとつ分くらいの幅に開きます。
(あまり開きすぎないように注意しましょう)

手のひらで空を押し上げるような感覚で、腕を伸ばします。
腰を床に密着させると、腰の強化にも効果的です。

1(108)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★さらに充電効果の高い姿勢はこれ☆

頭を持ちあげて、丹田を見ます。しばらくその姿勢をキープします。首の後ろが強く引っ張られるのを感じて下さい。
とてもきつい姿勢なので、無理をせず、まずは10秒間キープしましょう。慣れてきたら、徐々に時間を伸ばしていってください。
4(73)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイント
・常に丹田に意識を向けます。呼吸はゆっくりと吐き出します。
・ヘルニアの症状がある人は、一人ではやらず、トレーナーと相談しながら行ってください。

3(75)

 

 

 

 

 

 

教室での体験、随時大歓迎!
リラックスに欠かせない、腸を外からケアする腸セラピーや、腸をほぐしやすくする『丹田たたき』のセット案内を準備してお待ちしています
ご予約は、こちらや下記スタジオ電話のほか、

LINE@を使用してのメール、無料通話も可能です。
メールなどでご予約の際は、『開催日時』欄にご希望曜日、時間までご指定ください。
(月曜日は体験のみ、時間応相談)
また、興味を持った部分、改善していきたいところがありましたら、その内容もお聞かせください^^

 

前日や当日のご予約は、メールだと対応が遅くなる場合がありますので、
直接スタジオまでご連絡くださるようお願いします。

 

045-865-0945

友だち追加数

只今スタジオでは、出張体験会・オーラ撮影会をさせていただける場所を募集中!!
お店やサロン・教室でのイベントに、ヨガ体験会やオーラで健康診断、何ていかがですか?
興味をお持ちの方、コラボさせていただける方、是非お声かけください☆
↓ランキング参加中!クリックして応援お願いします

にほんブログ村

にほんブログ村